SMOへの派遣

薬剤師というと、調剤薬局やドラッグストアで勤務することが多い職業ですが、それ以外にも活躍の場があることに注目が集まっています。特に、SMOに派遣されて勤務する薬剤師が増えてきました。SMOというのは、治験施設支援機関という意味の英語の頭文字を取ったもので、治験施設・医療機関をサポートしていくための機関です。SMOにおいても、薬に関する専門的な知識を身につけた薬剤師が必要とされています。 治験を行うに当たっては、医師や看護師、薬剤師だけでなくCRCという仕事が重要で、直接患者と接する中で、患者の不安を取り去ったり必要な説明をしたりする業務を担当します。SMOに勤務する薬剤師やCRCは、正社員とは限らず、派遣社員として勤務する場合もあります。正社員との違いは、担当する業務の幅です。正社員であれば、治験などの全体に関与することができますが、派遣社員として勤務するスタッフは、一部分を担当するだけになることが多いです。 派遣社員と正社員との仕事内容の違いについては事前に確認しておくこと良いでしょう。

SMOで働く場合の注意点

SMOで派遣薬剤師として働く場合はほとんどがCRCになります。治験参加者への同意や治験の説明を行うこから、 高いレベルのコミュニケーション能力が求められます。治験委員会が不適正と認めた場合は厚生労働省へ報告され、 治験がストップしてしまうということにもつながりますので、派遣であっても責任がある仕事となります。 そのため時給(給料)も比較的高額に設定されていることもあり、3500円以上の時給を提示しているSMOもあります。