CROへの派遣

薬剤師は、患者に対して薬を提供する役割を果たすことが多いですが、薬を開発する場面においても重要な役割を果たしています。薬の開発に携わっている機関としては、CROとSMOの2つが中心となっていて、このうちCROは製薬メーカーをサポートする業務に従事しています。CROに勤務するスタッフは、治験に関すつ知識を十分に身につけておくことが必要になります。治験に関すつ知識が求められる現場であるため、薬剤師の知識やスキルがいかされます。 CROは新薬の開発に携わっている機関の1つでさまざまな職種がありますが、たとえばCRAという臨床開発モニターとしての業務に従事している人がいます。CRAは、治験を開始する段階から重要な役割を果たす存在です。CRAが業務の中心となって、治験を進めていくことになります。薬剤師として派遣されている場合、正社員との違いは担うことのできる業務の範囲にあります。正社員の場合と異なり、製薬メーカーから受託している部分のみを取り扱うのが一般的です。治験に関すつ知識を高めておくことが大切ですが、正社員との違いは無視することができない場合もあります。治験に関する知識を深めつつ、活躍の場を広げていく努力をすることが求められます。

CROで働く場合の注意点

CROに派遣で働く場合は担当する職種によって働き方が異なるので注意が必要です。 CRAの場合はさまざまな臨床試験をモニターしていくので、治験を実施している大学病院などを巡回することになります。 そのため通勤時間や移動距離なども多く、また泊まりで出張などもあります。反対にデータを扱うDMなどではCRO内勤務になるため通勤時間などは一定です。 もちろん給料も高額な職種もあればそうでないものもあるので、自分が持っているスキルと照らし合わせて働くことができる職種を派遣会社に伝えるようにしましょう。