ドラッグストアへの派遣

薬剤師には病院や調剤薬局などが昔からある職場ですが、最近ではドラッグストアで働く人が増えています。 派遣で働く場合の正社員との違いは、雇用の形態が契約により決まり、その契約が切れた場合にはさらに更新するのか、中止にするのかを決めることになります。 ドラッグストア正社員の年収は薬剤師の職種の中では高くなっていますが、正社員よりは派遣社員の方が若干低くなっています。 ただし勤務形態としては契約期間が決められているので自由度が高くなります。また、社会保険や雇用保険、年金などの福利厚生が加入できるかできないかは会社との契約によって変わってきますので、正社員と比べると安定という意味では違いがあります。 派遣の場合はずっと同じドラッグストアに勤める制約はないので、ある一定の期間をまとめて働くか、週に数日だけ働くかという選択ができます。 ドラッグストアにおいて派遣される場合は、調剤コーナーがあるかどうかによって業務内容も異なり、処方せんを扱えるスキルを持っているかどうかも問われます。 一般用医薬品の薬を求める消費者に対し、調剤コーナーでその薬の効能や副作用などの説明をすることはもちろん、それ以外にも商品を並べたり、レジ打ちをしたり、商品の管理などの雑務をこなすのもドラッグストアの薬剤師の仕事の特徴です。 仕事内容としては正社員との違いはほとんどありませんが、管理薬剤師にはならずあくまで薬剤師が行えることを担当します。

ドラッグストアへで働く場合の注意点

調剤薬局とドラッグストアの大きな違いは営業時間で、門前薬局の場合は医院やクリニックの診療時間に合わせて営業時間が決まります。 ドラッグストアの場合は売上の多くが日用品や医薬部外品、化粧品などが占め、また利便性を高めるために深夜まで営業を行うことまります。 もちろん土日にも営業を行いますので、派遣薬剤師として働く場合は土日どちらかの勤務が必ず求められます。 また早朝勤務や棚卸で深夜にまで勤務が及ぶこともあるので、派遣契約を結ぶ前にしっかりと労働条件を確認しておきましょう。