調剤薬局への派遣

派遣の薬剤師として調剤薬局で働くメリットは、勤務時間が規則的で休みが比較的取りやすいことです。 患者さんが持ってきた処方箋に基づいて薬の処方を行うので、患者さんとのコミュニケーションが上手に取れる人にはおすすめめの職場です。 患者さんとのコミュニケーションも円滑に取れると、楽しく働くことができやりがいも感じやすいのも特徴の1つです。 病院の薬剤師に比べて時給も高めに設定されているので、病院の薬剤師としての仕事がきつい割に時給が見合わないと思っている方にもおすすめです。 ただし調剤薬局は少人数の職場になるので、一緒に働く人との人間関係が大切になってきます。 小規模なところはアットホームな雰囲気で働くことが出来ますが、人間関係が嫌で辞めてしまう正社員もいます。 派遣の薬剤師と正社員との違いは勤務時間とシフトで、正社員はフルタイムで残業もあります。 シフト制で、早番、遅番などがあり、帰りも遅くなることがありますが、派遣の場合は自分で働く時間や日数を選ぶことが出来ます。 繁忙期以外はほとんど残業もありませんので、自分のライフスタイルを確立して働きたい人に向いています。 残業をした場合もきちんと残業代も支給され、労働法の基準に合わせて残業代は割り増しになっています。

調剤薬局で働く場合の注意点

派遣薬剤師として調剤薬局に勤める場合は、職場の働きやすさについてよく見る必要があります。 何度も派遣薬剤師が辞めているような職場も中にはありますし、その主な原因が人間関係となっています。 派遣サイトに登録した際に気をつけておきたいのがこれまでの派遣履歴で、コンサルタントから情報を聞き出すようにしましょう。 例えば給料が高額でもすぐに辞めてしまうのも良くないので、調剤薬局でもいくつかの職場と比較検討するようにしましょう。