派遣の給料はどれくらい

派遣薬剤師は基本的に人材バンクなどに登録し、ある一定期間派遣されて就業するという働き方です。 医療官駅の職種の中でも派遣案件が多く、給料も時給換算しても一般的な派遣に比べて高くなっています。 薬剤師の国家資格は難易度が高く、通常は薬科大学の薬学部などで6年間の勉強期間を経て受験資格が与えられます。 調剤や医薬品の供給のほか、公衆衛生の向上などを行いますが、薬剤師不足が続いているため薬局やドラッグストアからのニーズが高くなっています。 薬学のエキスパートということもあり責任が重く厳しい反面、派遣でもパート・アルバイトであっても一般的な職種に比べて2~3倍以上の時給になっており、中には時給が4000円以上になる求人案件もあります。 月収でも30万円以上を稼ぐ人がほとんどで、ボーナスも年に2~3回出るところもあります。

手当や福利厚生は

派遣薬剤師として働く上で給料面のもう1つのメリットは、手当や福利厚生が充実しているというところです。 例えば資格手当として月に3万円以上の支給があったり、派遣でも住宅手当や子育て支援などの名目で手当がつく場合があります。 他にも残業手当や休日出勤手当がつくなど、高額給料の求人案件は転職サイトに登録すればいくらでも見つかります。 気をつけておきたいのは派遣は雇用期間が決まっているので、同じ条件で雇用を希望する場合は雇用主の同意も必要になります。