医薬品卸(MS)の体験談

以前はドラッグストアに正社員で勤務をしていた経験を持っているのですが、転職することを決めてから、派遣として他の職種へと変えることも考えていました。 派遣であっても薬剤師の時給は高いものに設定されていて、短時間の労働であっても十分な収入を得ることができますが、今回はキャリアを優先させました。 その結果として再びMSを支援する薬剤師として派遣という立場で仕事を行うことになったのですが、以前勤務をしていた職場よりも大きな規模を持っている医薬品卸会社に派遣されることになり、仕事の幅も広がることになりました。 たとえば医薬品卸会社では営業担当者をMSと呼ぶことになりますが、常に連携をして流通管理をしっかりと行うことも大切な仕事になっています。 配送センターでは非常に数多くの種類の薬を取り扱いしており、現在ではジェネリック医薬品も普及しているために、同じ種類であっても複数の薬が用意されています。 そのため、担当MSとMRの方と随時商談を行う場面も用意されており、例えば過剰在庫にならないように流通管理を行う場面や、欠品などをしてしまうことが無いように配慮することも大切になります。 派遣薬剤師であっても、十分に活躍することのできるステージや頼りにされる役割が用意されており、働き甲斐のある仕事として気にっています。