SMOの体験談

新薬の開発は製造元である製薬メーカーと、新薬の治験を行う医療機関の2つに分かれて進められてします。この2つをサポートするのがSMOに所属するCRCです。 SMOは治験コーディネーターと治験事務局の仕事があり医療機関での被験者のケアや服薬指導・医師のサポート・製薬メーカー等の外部企業との調整役・それに関連する事務作業を行うのでけっこう神経を遣います。 CRAの経験も少しあるのですが、臨床実施のチェックを行ったりその結果であるCRF回収後や新薬の市販後などにもわたって業務が行われます。 CRAは医療や医薬に関する資格をもたなくても営業力や英語力などを生かして業務に携わる形をとっている方も多くいます。得意分野を生かして新薬開発にかかわることができるので、CRCに比べて給料は少し高くなります。 治験業課に派遣での就業の場合、1つのところに長期勤務は難しいのでそのつど順応が必要となりますが、複数の会社で勤務経験を積むことでスキルが高まって正社員として雇用されるキャリアにはプラスになると考えています。 今後はQCやDMなど治験関係でさまざまなキャリアを積んで、本格的に正社員として働きたいと考えています。