CROの体験談

一通り治験関係の仕事を経験しましたが、製薬会社が治験を計画する際に、自身で行う場合と外部に委託する場合があり、後者の委託先がCROで受託臨床試験実施機関という意味です。 CROからCRAという臨床開発モニターが医療機関を訪問して、治験の準備を行いますが、医療機関の医師や薬剤師にはそれに対応できる時間がないため、SMOという治験施設支援機関から医療機関にスタッフを派遣し、治験業務を助けることになります。 SMOの中には治験に関して専門知識を有するスタッフがいて、その一部がCRCという治験コーディネーターがいます。CRCは、治験が円滑に進むように医師や薬剤師のサポートや、患者のケア等を行います。 CRCの正社員の給料は、勤務する場所や年齢、資格等の条件にもよりますが500万円くらいでしたね。派遣の場合の給料は、時給1500~2500円程度とアルバイトやパートと比較すると高額になります。 但し派遣の場合は、派遣法において、医療行為を行うことは禁止されています。そのため、採血等の医療行為を行うことはできないことは注意が必要です。しかし、スケジュール調整や報告書作成といった事務作業も多いため、活躍する場は多いと言えます。 また、自身が関わった治験により新薬が生まれることもあるため、そのような場合はやりがいが感じられるでしょう。