ドラッグストアの体験談

ドラッグストアで派遣薬剤師として働いていますが、そのドラッグストアでは第一類医薬品の販売やOTC販売があるので、薬剤師の存在は重要です。 第一類医薬品には最近登場した新しい薬もあるので、薬剤師による文章を用いた適切な情報提供や相談対応が義務付けられています。OTC販売では、カウンター越しに販売をするため、患者さんとのコミュニケーション能力も必要になってきます。人と話すことが苦手でしたが、仕事を通じてだいぶん克服することが出来ました。 私がこれらの業務をするにあたり気を付けていることは、自分の体調管理です。風邪のお客さんがやって来ることも多く、菌をもらいやすいということもありありますが、体調の悪い人から薬をもらったら良い気分にはならないだろうなと思うからです。派遣の仕事ではありますが、ドラッグストアと直線雇用された場合と同じように、責任をもって仕事に取り組みたいと思っています。 第一類医薬品の中には、最近登場した新しい薬もあるので、時代の流れに合わせて日々新しい知識を習得していく必要もあります。新しいからわかりませんでは、仕事になりません。大変なこともありますが、そのぶん薬剤師という仕事に誇りが持てています。