調剤薬局の体験談

私は派遣の仕事で薬剤師をしています。調剤薬局で調剤業務をする他、服薬指導もしています。処方箋に基づいて調剤し、それを患者さんにただ渡すだけではなく、安全にその薬を使ってもらえるようにするのも私の仕事です。 派遣の仕事というと、責任感が少なそうというイメージでしたが、実際に薬剤師として働いてみると全然違いました。調剤薬局ですから、患者さんに合わせて実に様々な種類の薬があり、頭をフル回転させています。処方箋に疑問を感じるときは、処方医に確認したりすることもあります。一歩間違えれば、患者さんの命に繋がる事態を招くこともあるので、毎日気が抜けません。 しかし、服薬指導を通じて患者さんとコミュニケーションがとれることにやりがいを感じています。患者さんから質問されたときに、ハキハキと答えられなかったりすると、自分のいたらなさを感じてしまいますが、元気になられていく姿を見たときは嬉しくなります。調剤業務は、常に緊張した中でやっていますが、服薬指導の時は、世間話などをすることもあり、ほっとできる場合もあります。もちろん、相性などもあるので、付き合いにくいなと感じる患者さんもいます。 kこれからも、誇りをもって仕事がしたいです。