勤務先までかかる時間

自宅から勤務地までの通勤時間が長いと、朝は早起きして支度をしなければなりませんし、夜帰宅するのも遅くなるので、毎日時間を無駄に使っているような気がするという方もあるでしょう。 それが一般の企業であれば、転職して、新しい勤務地を探すのも面倒だし、収入も大幅に下がるので、我慢して働き続けようと思うかも知れません。 しかし薬剤師のような資格が必要な仕事の場合は、求人募集が多いうえ、待遇が良いところがたくさんあるので、思い切って転職することをおすすめします。 ただし転職を行う際は、面接時に勤務地や通勤時間についてはしっかりと確認しなければいけないので覚えておきましょう。 まずは勤務地についてですが、大手のドラッグストアチェーンの募集に応募した際は、お店がたくさんあるので自宅からかなり遠いエリアでの勤務を命じられる可能性があります。 通勤時間が1時間近くかかるような遠方に、毎日通うと疲れますから、どこのお店で働くのかについては、聞き忘れないことが大切です。 他にも派遣で働くときの勤務時間や、休日・休暇の日数、給料やボーナスの他に、交通手当についても確認しておくようにしてください。 薬剤師の派遣の仕事は求人サイトから探せますが、具体的な勤務地と通勤時間については掲載されていないことがほとんどなので注意しましょう。

交通手段は?

先ほどはドラッグストアの例でしたが、ロードサイドにあるような店舗だと車通勤が可能の場合があります。 郊外だと車通勤でないと不便な場合があり、反対に市街地にある店舗だと駐車場がないので公共交通機関を利用することになります。 他の職種だと治験期間を外回りするCRAや製薬会社のMRの場合は自動車免許が必須となります。 就きたい仕事において免許が必要とされるかは求人情報でも確認できるので、転職期間中に免許を取りに行くことも検討しておきましょう。