一般派遣との大きな違い

求人情報サイトで派遣社員の募集を探すと一般事務や販売のお仕事が多いですが、派遣薬剤師の場合は国家資格は必須となっており専門的な職種への派遣となります。 例えばドラッグストアでや調剤薬局が派遣先となりますが、薬を取り扱うには専門的なスキルと知識が必要でできればある程度の経験があると優遇されます。 ただし薬剤師の場合はブランクありでも復職はしやすいので、結婚してしばらく仕事を離れていた方でも社会復帰しやすいのが特徴です。 薬剤師の求人情報サイトを見れば、募集要項にブランクありでも可能と書かれているところは多いですし、研修制度も充実させている会社も多いです。 一般のスーパーやコンビニなどのお店で働くよりも、3000円近くとかなり高い時給になっているので、子供が大きくなったきたので、また働こうかと思っている方があれば資格をいかした派遣求人を探す方がお得です。 他にも福利厚生が充実しているなど正社員と変わらない待遇を受けられるのも一般的な派遣との違いです。

法律ではどのような規定

薬剤師の派遣は専門性が高いため、派遣業法によってさまざまな規制が設けられています。 たとえば6ヶ月後に正社員として雇用される紹介予定派遣に関しては、病院のみが可能となっており、 その他の職種においては紹介予定派遣はダメとなっています。また原則的に30日以内の短期派遣は禁止されており、 60歳以上や学生であったりする場合は短期で働くこともできます。その他世帯収入などによっても制限を受けるので事前によく確認しておきましょう。