役職について

結婚前は薬剤師をしていたけれど、子供が出来てやめてしまったという方は多いですが、その子が大きくなると、手がかからなくなるので、派遣として働いてみたいと考えている方も多いです。 派遣なら、子供が学校に行っている時間だけ働くことも出来るので、薬剤師の求人情報サイトの中から探してみましょう。 医薬品管理やレジ、販売などが出来る方を募集しているドラッグストアは多いですし、エリアによっては、2000円以上もの高い時給をもらえるところも少なくありません。 最初は派遣として働き始めたとしても、長年続けているうちに、いつのまにか店長にまで昇進していたいうこともあるので、入口が派遣でもキャリアアップを目指すこともできます。 調剤薬局に努めていれば派遣であっても学校薬剤師となることもあります。 これも医薬品管理や、学校の生徒のための服薬指導などが主な仕事になるので、やりがいを感じながら働くこともできます。

責任とのバランス

基本的に派遣薬剤師に責任が重い役職を就けることはありませんが、能力が認められると正社員としての誘いを受けたり、 責任のある役職を任されることもあります。もちろん給料も600万円以上など高額になることもありますが、 責任が重くなると仕事量も増えることになるのでプライベートとのバランスを取ることが難しくなります。 派遣会社のコンサルタントも登録時には希望に合ったところを紹介してくれますが、転職後の対応などはすべて見てくれなくなるので面接時に予めいろいろと確認することを忘れないようにしましょう。