専門スキルについて

薬剤師の資格を持っている人が派遣で仕事を探す時に、これまでの経験をどう生かせる職場かをチェックすることが大切です。 派遣という仕事の仕方を選ぶ人は、正社員に比べて時間が自由に使えることに利点を求めている場合が多いですが、 結婚、出産等で一旦退職したものの、子供の手が離れたのでもう一度資格を生かして働きたいという人もいます。 育児や家庭の事情などと折り合いを付けながら働くには、例えば土日の休みが確保されている、残業が少ないなどの条件が付けやすい派遣は、相応しい働き方と言えます。 派遣の薬剤師としての職場は様々なところがあり、転職サイトなどに登録して求人を探すのが効率的ですが、自分の特性を生かすことやスキルアップを目標にすること、それらの希望が叶えられるような職場も沢山見つけられます。 派遣の薬剤師は正社員と違い基本的に働く期間があらかじめ決められていますが、 短期間であってもその職場で働いた経験はスキルアップに繋がり、次の仕事先を探す時に、これまでの経験としてプラスになります。

ポータルブルスキルは

派遣薬剤師に求められるスキルは薬学の専門的な知識や技術が第一ですが、いろいろな職種でも使えるポータブルスキルも大切だと考えられています。 ポータブルスキルとは例えば調剤薬局で培った服薬指導のスキルを、CRCとして患者さんへの説明・同意に役立てたり、 MR職として働いて得た医薬品情報を病院薬剤師のチーム医療に活かすことなどです。薬剤師の職種同士は親和性が高いため、 麻薬取締官などの特殊な職業を除いて転職や派遣でも以前の職業で得たスキルを全く使えないということはありません。