正社員として雇用されるキャリア

いつかは正社員になりたいと思いつつ、派遣社員として働いている方は多いですが、企業によってはなかなか正社員として採用してくれないところもあるようです。 しかし薬剤師のような資格が必要で人手不足が続いている職業の場合は、派遣であっても後に正社員として採用してくれるところが多いので、求人情報サイトの中から探してみられるのがおすすめです。 派遣の仕事は、自由な時間を選んで働けるので、プライベートとのバランスがとりやすいのが魅力です。 正社員の場合は勤務時間がきっちり決まっていないので、なかなかプライベートとのバランスがとりにくいですが、その代わりに給料やボーナスが高いですし、福利厚生が整っているので安心して働くことが出来ます。 求人情報サイトには、正社員採用の道ありなどと書かれている募集が多数あるので、自分が希望する職種の派遣であったり、働きやすそうなところがあれば応募してみるのも1つの手です。 将来は管理薬剤師になりたいなどのキャリアプランを持っている方であれば、資格を取るなどの目標が出来るので、余計にやりがいを持って働けるはずです。 キャリアプランは人それぞれ、どのような薬剤師になりたいかで変わってきますが、責任のある立場で働きたいのであれば正社員雇用される採用を検討するのが良いでしょう。

紹介予定派遣以外でも

病院薬剤師に関しては6ヶ月後に正社員として採用されることが義務付けられている「紹介予定派遣」のみですが、 その他の職種に関しては1~2年間の雇用契約で派遣社員として働くことがほとんどです。 しかし企業にとっては優秀な人材であれば正社員として雇いたいので、派遣契約の中に引き取り(正社員雇用)について明記しているところもあります。 特に薬剤師の職種でも治験関係や製薬会社、卸など特殊なスキルを持っている人は、高額な給料を支払ってでも正社員として雇いたいと考えている企業も多いはずです。