雇用期間がはっきりしている

派遣の薬剤師として働くメリットは、契約期間が決まっていることです。 正社員であれば、お給料は良いですが、残業もあればシフト制で遅番の日もあったりで、自分の時間があまり持てないということがあります。 しかし、派遣の薬剤師は、働く時間も期間も自分の都合で選ぶことが出来ます。 例えば、子育て中なので土日はお休みにしたいとか、残業の無い時間帯で働きたい、など、自分のライフスタイルに合った働き方が出来ます。 契約期間が切れたら、双方の合意が有れば契約更新もありますが、そのまま辞めることも可能で、次の仕事を探すまでの間に旅行に出かけたり休養を取ったりも自由に出来ます。 お給料や待遇についての派遣先の薬局や企業との交渉は、所属元の派遣会社が行ってくれますので、煩わしさがありません。 また、お給料は派遣先の薬局や企業ではなく、所属元の派遣会社によって支払われます。 例えば、仕事をしている中で人間関係などで嫌な思いをして、もうこの薬局や企業では働きたく無いと思った時も、派遣先の薬局や企業に言うのではなく、所属元の派遣会社に申し出れば良いので、契約期間が満了したらそこで円満に終了することが出来ます。 正社員に比べて辞める時の対応も取りやすいのも特徴です。

女性薬剤師に人気

また結婚後に派遣薬剤師として勤務し、雇用期間の終了に合わせて妊娠を計画される女性薬剤師も多いです。 正社員の場合は数年後に辞めるという計画があっても面接では申し出にくいことがありますが、 派遣であれば受け入れる企業や薬局としても一定期間の雇用を求めていることもあるので、 双方にとってもそれぞれメリットがあると言うわけです。お給料も高額になるのでまとまった期間にある程度の貯金を作るということも可能です。