製薬会社への派遣

薬剤師がクライアントの製薬会社に派遣されて働く場合がありますが、製薬会社から販売業務を委託されている会社(CSO)の正社員との違いはどのような点でしょうか? MRがCSOの正社員もしくは契約社員として派遣される場合一般には正社員より給料が少ないことが多いです。ただ、CSOは給料面でも一般製薬会社の正社員のMRに近く高額なため人気が高いです。 未経験者でもCSOは毎月のように募集しているので、合格率が一般の製薬会社より高くなっています。また、派遣先のクライアントの多くが新薬の製薬会社のメーカーであるため、MR認定資格の取得支援も行っているのも大きな魅力となっています。 CSOや製薬会社に在籍している人は導入教育を受ければMR認定資格が受けられ、実際に派遣されるまでにスキルアップができます。 一般の正社員は採用時に希望勤務地を申し出ても地方勤務になることがありますが、CSOのMRの場合は採用時に勤務地を明示することが多く、希望の勤務地に着くことができやすくなっています。

製薬会社で働く場合の注意点

基本的に職種はMRが多いですが、派遣MRに求められることは担当医師に対して良い印象を与えることです。 医薬品の購入はMRからではなく卸MSからしか行えないことになっているので、MRは製薬会社の医薬品の良さを説明するしかありません。 ただし医師が行う学会のサポートや懇親会を設けるなどの派遣業務として記載されているもの以外も必要となるので、 派遣された製薬会社の方針に従って得意先を失わないように適正な医薬品情報提供に努めることが大事です。