医薬品卸への派遣

医薬品卸は、製薬メーカーより医薬品を仕入れ、各医療機関へ納品する業務を行います。 医薬品の販売免許に基づいて営業をしており、各支店または営業所に一人ずつ管理薬剤師を置くことが法律により定められています。 メーカーから商品が配送センターへ入荷し、各営業所へ振り分けられ、MSまたは配送担当者により各医療機関へ納品されます。 管理薬剤師の主な役目は、配送センターの医薬品管理または営業所の在庫の管理および入荷した商品の出庫確認で、厳重な管理が必要な商品を責任を持って管理をします。 配送センターの医薬品管理は、在庫の数や温度など様々な項目を厳重にチェックします。 医薬品に関する情報提供も重要な仕事のひとつで、得意先からの問い合わせの対応はもちろん、MSを対象とした研修も行います。 医薬品は頻繁に包装変更などがあり、返品の可否に直結するため、製薬会社からの情報はまめに確認します。 正社員との違いは、薬剤師としてより得意先に近い立場で物事を捉えることができる点です。 医薬品卸は、返品業務が非常に多い仕事です。時には得意先からの返品依頼に応えられないこともあります。 しがらみのない立場で、客観的な判断をすることが求められる場面で力を発揮できます。 法令順守のため、医薬品卸会社の社員としてではなくいち薬剤師として、冷静な判断を期待されるのが一番の正社員との違いは強みといえます。

医薬品卸で働く場合の注意点

医薬品卸へMSとして派遣されることはほとんどありません。MSは医薬品の卸価格を決める責任のある立場なので、 派遣社員がMSとして働くことはなく、医薬品の物流を担当している配送センターで医薬品管理を行うことになります。 そのため勤務地が卸会社の本社や事業所ではなく、各製薬会社から医薬品を集積して各事業所へ届けるための物流拠点となります。 配送センターは高速道路のICや港湾近くに設置されていることが多く、勤務地が自宅から遠いこともあるので事前によく確認しておきましょう。