病院への派遣

薬剤師の資格をお持ちの方なら、正社員としてだけでなく派遣スタッフとして働くという選択肢もあります。薬剤師と言えば医療業界の中でも高い専門スキルを持った人材で、派遣で働く場合でも高い時給に期待できます。 派遣と言っても一般職では時給1000円程度が普通ですが、薬剤師になると3000~4000円も可能になります。 派遣先として多いのが病院と調剤薬局ですが、病院に派遣された場合の業務内容をチェックしておきましょう。 病院の中にある薬局では、他の正社員と同じように調剤と服薬指導を中心的に行います。調剤はこれまで働いてきた薬局と同じように業務をこなすことになりますが、病院の場合は入院患者の注射調剤業務や製剤業務も行います。 外来患者に対して服薬指導も行いますが、基本的に病院での勤務経験があると優遇されます。 病院の場合は夜間でも仕事があるため、交代制で勤務になることもあります。正社員との違いは、夜勤を行うか行わないかという点にあります。正社員なら交代制で勤務しますが派遣の薬剤師は決まった時間だけ勤務できるというメリットがあります。 派遣の薬剤師として病院勤務を希望している方は、正社員との違いについて事前によく確認されることをおすすめします。

病院で働く場合の注意点

他の職種への派遣に関しては雇用期間も限られていることもありますが、病院への派遣に関しては紹介予定派遣のみが許可されています。 紹介予定派遣とは半年間の雇用期間が終了すると、正社員として病院への雇用が決まっているものです。 つまり一定の試用期間を経て問題が無ければ病院の正社員となります。そのため給料や福利厚生は派遣会社からではなく病院の基準となり、 給料が下がったりする可能性があるので注意が必要です。半年の間に今後の雇用契約についてどのようにするのか希望を伝え、病院や派遣会社とよく話し合うことが必要になります。