派遣薬剤師とはどういうもの?

派遣業務は、法律で定められている職種に限り、業務を行うことが可能となっています。 法律で定められている職種にはさまざまな職種があるのが特徴です。 また、派遣の場合は、パートやアルバイトに比べて高額な時給も特徴の1つです。 薬剤師の場合、法律においては紹介派遣の場合を除いて病院内勤務は出来ないとされていまが、調剤薬局やドラッグストアなどにおいて、派遣の薬剤師として働くことは可能です。 薬剤師としてのスキルを生かせるさまざまな職種があるので、自分に向いたところで働くことが出来ます。 正社員の薬剤師に比べると、派遣の場合は時給は低いですが、それでも他の職種の派遣業務と比べると、高額な時給であると言えます。 また、正社員に比べて休みが取りやすく、自分のライフスタイルに合った働き方が可能です。 たとえば、土日休みにしたい、子供が小さいので残業の無い職場で働きたいという要望に叶った場所で働くことが出来ます。 正社員の場合は、基本的に1つの会社でずっと務めますが、派遣の場合は契約期間があらかじめ決められています。 その期間が来れば契約が終了しますので勤務も完了となりますが、双方の合意があれば契約を更新することが可能です。

高額求人を探すには

薬剤師の派遣求人を探すのには、一般的な人材派遣のサイトに登録するよりも薬剤師の転職サイトに登録するのがおすすめです。 一般派遣の場合は事務や経理などの人材派遣を得意としており、医療・薬学関係の分野は専門的なサイトの方が得意です。 また2011年に労働派遣法が改正され、法務的な条件をクリアしないと派遣薬剤として働くことはできなくなりました。 そのあたりの問題もきちんとクリアして、適法に労働できる求人を紹介してくれるのが専門の転職サイトで、高額求人も多いのも特徴です。